学習指導・教育に役立つ豆知識!

特殊教育

特殊教育とは

特殊教育とは、心身に障害のある児童・生徒に応じた特別の配慮のもと、個々の可能性を引き出し、社会参加・自立ができるように学習指導していくものです。

 

特殊教育の具体的学習指導の場としては、盲学校・聾学校、養護学校、小・中学校の特殊学級等があります。

 

盲学校、ろう学校、養護学校(知的障害・肢体不自由・病弱の3種類)には障害の重い子どもを、小・中学校に設置される特殊学級(知的障害・弱視・情緒障害など7種類)では軽い子どもを教育するというのが、特殊教育の基本姿勢です。

 

特殊教育は、学校教育法の一部改正にともない、平成18年4月1日から「特別支援教育」という新制度に変わりました。

 

これは従来の特殊教育から発展させたもので、「子どもが持つ困難な条件は何で、どういう配慮をすれば克服できるのか」を具体的に考え実践していこうとするものです。

 

 

特殊教育について

特殊教育については学校教育法の中で定められていますが、法の一部改正により、平成18年4月1日より、特別支援教育という名称にかわりました。

 

特殊教育とは、心身に何らかの障害がある児童・生徒に対して、障害に応じた対応、教育をするというものでした。

 

しかし一言で「障害」といっても、皆が同じということはなく、人によっては障害が重かったり、障害の重複があったりというのが実情です。

 

そしてこれまでは、障害に応じて教育の場が変わるというリスクがありましたが、法の改正によって、制度が一本化されることになりました。

 

特殊教育の現場だけでなく、普通の学校に通っている児童・生徒の中にも、LD(学習障害)やADHD(注意欠陥/多動性障害)といった障害を持つ子供がいることが理解されてきたことも、法改正の見直しが進められてきた結果なのです。

 

特殊教育というと、「普通の子どもが通うところとは違うところに行く」と思う人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

 

普通の学校に通っている子の中にもちょっとした障害を持つ子がいる可能性があり、学習指導側の少しの配慮で、子どもが普通の学校に通うことも可能となるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集