学習指導・教育に役立つ豆知識!

学習障害

学習障害とは?

学習障害とは、LD(learning disability)と呼ばれるもので、読み書きや計算、話すこと、集中継続すること等が困難で、学習がしにくい状態のことを指します。

 

全般的な知的水準や運動能力に問題があるというわけではなく、あくまでも学習上における、部分的な障害に対して使われる言葉です。

 

原因としては、脳や中枢神経系の機能不全等が考えられています。

 

学習障害の児童は、日本では全体の4%前後いると言われており、勉強面や社会適応面でのハンディキャップによって、学校生活が送りにくい場合も多くあります。

 

それが、不登校や神経症などにつながるケースもあるので、

学習障害児に対する周囲の理解や協力は欠かせません。

 

2004年には、日本LD(学習障害)学会が「特別支援教育士資格認定協会」を設立し、特別支援教育士(LD・ADHD等)の資格取得のための養成セミナーを開催しています。

 

学習障害について

学習障害とは、ラーニング-ディスアビリティー(LD)と呼ばれ、聞いたり、話したり、計算したり、読み書きしたりするのが困難な状態をあらわす言葉です。

 

学習障害児の特徴としては、注意力・集中力が持続せず意識が散漫であったり(ADHD:注意欠陥多動障害)、言語障害・記憶障害・聴力障害などを伴うこともあります

 

学校生活に適応しにくいので、不登校になったり、心身症になるケースもあるため、学習障害に対する家族や教師、学校側の理解が必要です。

 

しかし、

学習障害の児童は、全般的な知的発達が遅れているというわけではありません。

 

周囲の協力や本人の状態によっては、高校や大学に進学できるケースもありますし、また、得意分野を伸ばして社会的評価を得た人もいます。

 

アメリカの俳優、トム・クルーズも、自身が学習障害(LD)・失読症であったことを、インタビューなどで告白しています。

全国の学習障害に悩む人へ贈る、ベテラン個別指導塾長からのメッセージ

 

学習障害なんかに負けない方法

 この「学習障害なんかに負けない方法」は、
 個別指導学習塾「学太郎」の塾長である岡田誠先生が、
 実践での経験に基づいた独自の視点から学習障害を捉え直し、
 その改善のノウハウを先生自らの講義でお伝えします。

 

 700人もの生徒への指導による、確かな実績。
そして、学習障害の可能性のある生徒に対しても、的確な指導を行うことで、
全ての生徒に心理面・学習能力面の改善・向上が見られています。・・・詳細はこちら

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集