『能力向上・開発』に役立つ豆知識!

NLPとは

スムーズなコミュニケーションが図れるNLPとは

NLPとは、

神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming)の略で、1970年代にアメリカのリチャード・バンドラー氏とジョン・グリンダー氏によって体系化された能力開発法のひとつです。

 

NLPのモデルとなったのは、当時天才的といわれた3人の心理療法家、ゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズ、家族療法のヴァージニア・サティア、催眠療法家ミルトン・エリクソンです。

 

彼らの患者とのコミュニケーション方法をモデル化して、相手とのコミュニケーションをスムーズにし、信頼を得る方法として確立していったのがNLPです。

 

NLPによるコミュニケーションの取り方は、相手が主にどの感覚を使って反応・行動しているかを判断し、その感覚に訴えることで相手とのコミュニケーションをスムーズにするというものです。

 

 

NLPでは、たとえば相手が視覚を主に使っている場合は、視覚に訴える形で情報を発信すれば(言葉でいうより図を描いて伝える方が)うまく伝わるとして、そのような行動をとります。

 

NLPが活用される場面は多く、病院、学校、セールス、上司と部下、家族関係等々、ありとあらゆる人間関係において有効なものです。

 

 

NLPについて

NLPとは、短時間で相手との信頼関係を構築できるコミュニケーション方法として、近年注目をあびている能力開発法のひとつです。

 

NLPの基本的な考え方は、「人間の反応・行動は、小さい頃からの経験の積み重ねによってプログラミングされている」ということです。

 

そのプログラミングによって個々人の反応や行動は異なるし、また悪い「プログラミング」の場合は「プログラミングを書き換え」でより良い自分にしていくという考え方をします。

 

NLPの開発者であるグリンダー氏とバンドラー氏は、眼球の動きで、その人が主にどの感覚を使って反応・行動しているかを分類しました。

・眼球が右上に動く:視覚(イメージ)

 

・眼球が左上に動く:視覚(記憶)

 

・眼球が右横に動く:聴覚(イメージ)

 

・眼球が左横に動く:聴覚(記憶)

 

・眼球が右下に動く:触覚・身体感覚

 

・眼球が左下に動く:自分との対話

 

NLPでは、まず相手を観察してどのタイプかを判断し、それに即した方法で情報を提示することで、相手とのスムーズなコミュニケーションが図れるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集