『能力向上・開発』に役立つ豆知識!

速読について

速読について

速読とは、

書籍などの文章を読むスピードを格段に速める読書術のことで、能力開発のひとつとして近年注目を集めています。

 

速読は「斜め読み」「飛ばし読み」誤解されることが多いですが、そういう気ぜわしいものではありません。

 

通常の文章の読み方は、文字のひとつひとつをなぞって読んでいますが、これは言語能力を司るといわれている左脳を使った読み方といえます。

 

 

速読といった場合の多くは、読むときに右脳を活用することを提唱しています。
通常の文字を追いかける読み方ではなく、文字が書いてあるそのブロックやそのページ全体を風景のように視覚的にとらえるわけです。

 

このような速読は、空間把握や感覚的なものを司るといわれている右脳を活用して文章を読み(視読し)、その内容は左脳で理解する(処理する)というところから、(右脳と左脳の)「ジョイント式速読法」と呼ばれてもいます。

 

速読をマスターすることで、わたしたちは多くの読書をこなすことができる=情報処理ができることとなります。近年コンピューターの情報処理能力は格段の進歩をしています。しかし、コンピューターが処理した情報に目を通し、理解し、活用するのはわたしたち自身。

 

速読は、その「目を通し、理解し」の部分で大いに役に立つ能力開発といえるでしょう。

 

速読について2

速読の中でも、「文章を風景のように瞬間的に視て(視読して)理解する」という、いわゆる「右脳で視て左脳で理解する(処理する)」方法は、まず文章をブロックで(数行まとめて)みれるように訓練します。

 

通常の読書では、文字を一文字ずつ追いかけているわけですから、その追いかけるスピードをアップすることで対応しようとしますが、速読では右脳的に視れるようになっていきます。

 

速読は、能力開発・右脳開発のひとつといえます。

 

 

速読のこの「ブロック読み」ができるようになるだけでも、相当のスピードアップがはかれます。

 

加えて脳にある「ウェルニッケ中枢」は、「言語中枢」とよばれ、ニューロンの結びつきにより記憶、知覚、認識、運動などの各領域と繋がっており、活性化されるとそれは全脳に及ぶといわれています。

 

速読で文章を高速で「視る」訓練をしてその能力をアップさせると、他の「理解する」「思考する」という能力も開発されるということですね。

 

 

速読は、こういった能力開発(右脳開発)系アプローチばかりとは限りません。
読書する時の姿勢を良くすることで視野が広くなり、一度に視る文章の量も増え、速読に効果的という提唱もされています。

 

姿勢を良くすることは健康面に限らず、どのような場面でも効果的ですね。

 

⇒ 速読法について詳しくはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集