人生の可能性を広める速読法をマスターしよう!

速読を身に付けるメリットその3、『集中力』

速読のメリットその3 「集中力」

速読法のメリットの中には、集中力の強化というものもあります。

 

というのも、速読法というのは、集中力が一定以上ないと発揮できない能力だからです。速読法を身につけるということは、それだけ集中力を高める必要があるのです。

 

 

集中力のある人とない人の違い

 

何事に対してもそうですが、集中力のある人とない人では、その行動、作業の効率が大きく変わってきます。受験勉強などがその最たる例です。

 

例えば、学校から午後6時に帰宅したとします。そこで夕食を取り、お風呂に入り、自分の部屋に帰ったのは8時でした。

 

その8時から4時間、勉強をするとしましょう。
ここで、集中力のない人は、非常に効率の悪い勉強法で時間を無駄に使っていきます。

 

まず、とりあえず机に向かい、問題集を解いていきます。

 

チェックしかし集中力がないと、もって30分です。

  • 30分学習を行った後、休憩と称して一度机を離れ、コタツに入り、テレビを見ます。
  • そこから、30分ほど無駄な時間を過ごします。
  • そして再び机に向かいますが、また30分くらいで集中力が切れ、休憩します。
  •  

  • 今度は小腹が空いていたので食事を取り、1時間ほど休憩してしまいました。
  • 三度机に向かいますが、空腹が満たされた事で眠くなってきます。
  • 結局、4時間あった中でしっかり勉強したのは2時間未満という事になりました。

このような状態というのは、多くの学生が該当するようです。集中力がないと、どうしても勉強ははかどりません。

 

 

一方、速読法で集中力を鍛えている場合はどうでしょう。
4時間という時間をほぼフルに使用して、勉強に励む事ができます。

 

同じ時間でも、その中身は倍以上の勉強量の差となっていくのです。

 

もしあなたが、集中力を高めより勉強に速読法を活かしたいなら↓↓
全世界120万人が、その効果を実感している↓↓

川村明宏のジニアス速読術

⇒ 数々の特許を元に完成した「速読法」
川村明宏のジニアス速読術

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集