『バイナリーオプション取引』魅力と特徴

バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションの種類について

決められた時点で条件を満たすかどうかを予想するバイナリーオプション取引。

 

しかし、その判定方法はどれも同じではありません。
現在取り扱われているバイナリーオプション取引には、大きく分けて次の3つの種類のものがあります。

 

これらの3種は判定する方法が異なるだけなので、どれが有利でどれが不利ということはありません。

 

それぞれに面白さも異なっていますので、まずはそれぞれのものを試してみて、ご自分のやりやすいもの、好みによってお選びになってみてください。

 

 

High/Low

決められた時刻のレートが現在のレートの上か下かを当てるというきわめてシンプルなルールで、バイナリーオプションの代表例と言えるでしょう。

 

難しい理屈などは一切関係ありません。
単純明快でとてもわかりやすいバイナリーオプション取引です。

 

FXトレード・フィナンシャルの「HIGH・LOW」、GMOクリック証券の「外為オプション取引」など多くの企業で取り扱われています。

 

 

ワンタッチ

開始時間から判定間までの間に、一度でも定められたレートに到達するかどうかを予測するというものです。最終的にレートがいくらになるのかは関係ありません。

 

IGマーケッツ証券の「ワンタッチオプション」やFXプライムの「選べるHIGH・LOWワンタッチ」がこれに当たります。

 

 

レンジ

判定時間に至るまでのレートが定められた範囲内に収まる(イン)か外れる(アウト)かを予想するというもの。

 

「境界」「バウンダリー」と呼ばれることもあります。レートの上下動の少ないときにはこのレンジ型のバイナリーオプション取引がおすすめ。レンジ型の取引はFXプライムの「選べるHIGH・LOW」で取り扱われています。

 

ワンタッチ、レンジは全ての業者が取り扱っているわけではありませんので注意してください。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット FX 投資 趣味 勉強法 英語 愛犬 サプリ 恋愛 通販