『バイナリーオプション取引』魅力と特徴

バイナリーオプションの取引時間

バイナリーオプションの取引時間

バイナリーオプションで取り扱われているのは米ドル/円、ユーロ/円など様々なものがあります。

 

また、日本に初めてバイナリーオプションを紹介したIGマーケッツ証券などでは外国の通貨同士となるユーロ/米ドルの取引も扱っています。

 

このようFX関連にのみ目を向けただけでも、何をターゲットにするのかによって取引時間は異なります。それぞれのルールも各業者によって違いがありますので、よくチェックするようにしてください。

 

 

 

さて、FX以外のバイナリーオプションに目を向けた場合ですが、株価指数を対象とした商品であれば日本225、ウォール街、ドイツ、フランス、中国などといった世界中のものが取り扱われています。

 

つまり、バイナリーオプションは24時間中いつでも取引することができるということにもなります。(ただし、土曜、日曜、祝祭日はお休みとなります。)

 

こうした株価指数バイナリーオプションの取引時間については、マーケットの終了する時刻のだいたい1分〜10分前に、取引できない時間帯が設けられていることがほとんどです。

 

例えば15時に終了する日本225であれば9時3分から14時59分まで、6時に終了するウォール街なら6時55分から5時59分までといった具合に、取引時間が決められているのです。

 

これは、取引時間が清算時間に近ければ近いほど予測の当たる確率は高くなり、時間ギリギリであればほぼ100%に近くなってしまうと考えられるからです。

 

 

また少し早めに締め切ることによって、終了時間ギリギリにアクセスが集中してしまい、肝心なところでシステムトラブルに見舞われるなどといった万一の事態にも備えられています。

 

なお、前出のIGマーケッツ証券では商品バイナリーオプションも取り扱っています。

 

具体的には、WTI原油先物やNY金先物、NY銀先物などといった銘柄となりますが、こちらの方が得意な方はもちろんのこと、あくまでも二者択一ということから、どなたでもチャレンジしていただくことが可能です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット FX 投資 趣味 勉強法 英語 愛犬 サプリ 恋愛 通販