『バイナリーオプション取引』魅力と特徴

バイナリーオプションと税金

バイナリーオプションと税金について

FX取引や株取引で利益が出た場合には確定申告をし、税金を納めなければなりません。

 

もちろんバイナリーオプション取引でも同様で、これまでは雑所得として処理するように定められていました。

 

しかしこのたび税制が改正となり、バイナリーオプションによる利益についても一部これまでの処理方法と異なる点が出てきています。

 

2011年12月31日までの取引と2012年1月1日からの取引とで扱いが異なってきますので、注意してください。

 

 

 

バイナリーオプション取引、店頭FX、CFD取引などで利益が出た場合、2012年1月1日以降は雑所得の申告分離課税に変わります。

 

これまでと同様に確定申告を行う必要があることには変わりありませんが、他の所得と区分して申告することになる点に留意してください。

 

その際には、取引所FXや取引所先物取引などで生じた損益と合算することが可能となっています。

 

 

また、税率についても改正されています。

 

これまでは所得金額が増えるにつれて税率が5%から20%まで増えていくという方式でしたが、今後は一律で20%(所得税15%+住民税5%)がかかることとなります。

 

ただしこれまでは損失の繰越ができなかったのに対して、2012年1月1日分からは最大で3年間の繰越が可能となっています。(損失の繰越がある場合には、その年にたとえ取引がなかった場合でも確定申告が必要となります。)詳しくは最寄の税務署までご相談ください。

 

※税金については必ず、FX業者や税務署にご確認ください。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット FX 投資 趣味 勉強法 英語 愛犬 サプリ 恋愛 通販