保険見直し家計も財布もホッカホカ!

 

もしもの時のための保険、保険料を払い過ぎていませんか?


ご存知のように保険の種類は、多岐に渡っています。

もしもの時のための保険、保険料を払い過ぎていませんか?
あなたのライフスタイルに合っていますか?
家族やお子様、愛するペットはどうですか?
また、国民健康保険・国民年金の保険料はどうですか?

保険の種類が多くて内容が分かりにくい保険ですが、ライフスタイルにあわせた本当に必要な保障額に合わせ見直すことで、月々の保障額は節約可能です。
最適な保険を組み合わせ一番条件のよい商品を選んで、「保障はそのままに、支払う額が半額になった!」と喜んでいただいている方が大勢いらっしゃいます。

こんな時代だからこそ、保証は十分に!無駄な出費は1円でも節約したい!
各種保険の分かりにくい!を分かりやすく!
迅速に解決することができる保険契約のお助けサイト!
頼れる保険のアドバイザーを探して即相談、即解決!!
保険選びの「最初の一歩」は相談相手選びから!

この機会にあなたの保険を見直し、自分のライフスタイルに合った保険を探してみませんか?

 保険の相談・資料請求は無料です。

女性保険とは

女性特有の病気に備え手厚く保障するのが女性保険です。
女性保険は、女性特有の疾病以外のケガや病気にかかったときでも、入院給付金や通院給付金などが受け取れますが、女性疾病にかかったときには、通常よりも手厚い保障が受けられます。

女性には、妊娠や出産、子宮や卵巣にかかわる病気など女性ならではのリスクがあり、比較的若い時期から病気にかかる可能性が高くなる傾向があります。例えば厚生労働省平成17年患者調査によると、乳がんは40代から、子宮筋腫も30代からリスクが高まります。

女性だから背負うリスクに、できるだけ早い時期から備えておくのが安心です。

女性保険お勧めのポイント

女性保険は、10年間などと保険期間が定まっている定期タイプと、一生涯を保障する終身タイプがあります。終身タイプは将来に備えることができ安心です。

割安な更新タイプは、一定期間、充実した保障を得るために、上手に活用することができます。また、一定期間ごとにボーナスがもらえる商品や、女性の健康上の不安に答える相談窓口がある商品などもあり、女性のライフスタイルに合わせた保険になっています。

通常の医療保険のなかでも、女性疾病特約を付け加えることで、女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります。


女性のための保険選び無料相談
体験者の満足度96%以上!
保 険 マ ン モ ス の 無 料 保 険 相 談

クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談

生命保険の比較なら読売ウィークリーでも紹介された保険マンモス
イラスト図表で保険料を3〜4割安くする"ビジュアル生命保険サイト"
情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施。コスト削減を現実のものに!
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いております!
保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"
『FP無料相談』は
クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談はこちら


『国民健康保険料・国民年金の大幅削減マニュアル』

「国民健康保険料って高すぎる・・・」そう思い、そして、
「どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?」
とお考えではありませんか?



国民健康保険料・国民年金の大幅削減マニュアル

国民健康保険・国民年金の削減のスペシャリストや、保険・年金のプロである社労士などの専門スタッフが、
◆ 国民健康保険を大幅削減する14の使えるノウハウ
◆ 国民年金を削減する4つの使えるノウハウ
といった、すぐに実践できる再現性のあるノウハウの数々をご紹介しています。



愛犬・愛猫の為のペット保険、
         もしもの時にご加入済みですか?

ペット保険のパンフレットを無料で取りよせられるペット保険比較サイト
・ 大切な家族であるペットの健康のために…
ペットの医療保険をお考えの方に!
ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】
ペット保険の資料を【無料】でお手軽に請求できる!!
        『 保険スクエアbang!/ペット保険 』

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求【無料】

もし大切なペットが急に病気になったら、かなりの出費必至!!
~ もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。 
【保険スクエアbang!】では【無料】で資料請求が可能です!!  
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求【無料】はこちら



少額短期保険とは?

少額短期保険業とは、保険業のうち、一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険の引受のみを行う事業のことです。
 少額短期保険業を行う事業者は本社等の所在する財務局で登録を受ける必要があり、また事業内容については保険契約者等の保護の観点から、事業開始にあたって一定の保証金の供託や、資産運用、保険募集、情報開示などについて各種のルールを遵守することが必要となります。

※ 注意!少額短期保険に関する重要なお知らせ
少額短期保険は、保険業法で規定されている保険契約者保護機構の補償対象契約には該当しません。そのため、もしも保険会社の経営が破綻した場合、保険契約者保護機構が行う資金援助の措置はありません。







自動車保険・ネットで簡単!見積り・見直し新規加入!はこちら
自動車保険!払いすぎていませんか?!自動車保険の見積・新規加入は、今やインターネットで無料で簡単に行うことができます。賢く自動車保険の見積をして、各社の自動車保険を比較検討しお得な自動車保険へ見直しましょう!