【通販商品】の上手な利用法!「健康食品」豆知識

健康食品と生活習慣病について

健康食品と生活習慣病について

「メタボリックシンドローム」は、今ではよく話題になっていますが、肥満・糖尿病・中性脂肪と言った生活習慣病を持つ多くの方がどう改善しようと考え悩んでいる課題です。

 

最近では、「サプリメント」、「健康食品」を適切に服用し、容易にメタボリックから抜け出したいと考える人がたくさんいます。さらに健康までとりもどしたいと考える人が多い時代になっています。

 

 

 

しかし、健康は、自分自身の問題であり、生活環境と食事を変えないかぎり、メタボリックの症状は改善できません。

 

これまで、がん、心臓病、脳卒中が、日本人の三大死因と言われてきましたが、ここで、「メタボリックシンドローム」が騒がれている理由として、合併症による動脈硬化の主要な原因として考えられていることがあげられます。

 

心臓病と脳卒中を合併して、動脈硬化の症状が起こります。

 

動脈硬化の危険因子は、コレステロールの上昇と肥満であり、その症状のほとんどのケースの主要因になっています。

 

生活習慣病を引き起こしていて、より動脈硬化になりやすい状態が、「メタボリックシンドローム」です 。

 

高血圧、高血糖が軽症の場合でも、肥満(高BMI)、高トリグリセリド(中性脂肪)血症、または高コレステロール血症の危険因子を、2つ以上持っている人はとても危険です。

 

健康を取り戻す秘訣と健康をつくる鍵は、家庭での生活環境と食事にあります。一般に、医療機関では、自宅ダイエットを推奨しています。

 

ダイエット法にも色々あります。

 

性別や、なぜ減量が必要なのか?

個人個人、その理由は異なります。成人女性の場合、一日平均1,800kcalの摂取が標準的な値です。

 

我流の方法では、たとえ減量効果は出ても栄養が不足し肌が荒れてしまったり、体調を崩してしまう事もあります。ダイエットにより減量するはずが、栄養が不足したり運動不足であったりすると、肥満の大きな原因となります。

 

超低カロリーの食事療法が現在のところ人気で注目を集めています。

 

その人気の秘密は、他のダイエットに比べて、大幅な体重ダウンがあり減量スピードが早いという点です。日常の生活時間も、「減量タイム」と考えて減量に向け努力をするそうです。

 

また、健康に体を維持するために必要な栄養は、充分にとり入れることができる生活を送ります。生活環境を整えて体に良い食品を必要なだけ摂取し、体に必要な栄養はしっかり取り入れることが、病気を引き起こさない秘訣につながります。

 

運動と食事に気をつけ、毎日の生活の中に上手に「健康食品」を取り入れ、生活習慣病にならないように気をつけるべきです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット サプリメント 趣味 愛犬 リンク集