通販の利用、健康に役立つ「食品」の豆知識

食物アレルギーとは

食物アレルギーとは

食品によって引き起こされる“食物アレルギー”とは、

消化吸収した特定の食品の成分に免疫が反応してしまうことによって起こるアレルギーのことをいい、アレルギー反応が起こる部位によって様々な症状が現われます。

 

例えば、消化器では下痢、腹痛、嘔吐など、皮膚にはアトピー性皮膚炎、じんましんなど、呼吸器では気管支喘息などが引き起こされます。

 

アレルギーを引き起こす原因物質のことをアレルゲンといいますが、食物アレルギーにおけるアレルゲンとしては、一般に牛乳・卵・大豆“三大アレルゲン”として知られています。

 

しかし他にも、青魚や貝、カニなどの魚介類、肉類、さらにはソバや米といった穀類などにアレルギー反応を起こす人もいます。

 

原因となる食品を特定できたら、その食品を食事から除去することが、食物アレルギーの治療の基本となります。

 

食物アレルギー対策食品

食品が引き金となって発症する食物アレルギー

 

その治療の基本は、原因食品の除去です。

 

しかし、過度の食事制限は、食物アレルギーを持つ子供の成長を阻害することにもなり、「食べたいものを食べられない」というストレスを増大させることにもつながります。

 

また、使える食材・調味料も非常に限られてくるので、食事を作る親の負担も大きくなります。

 

そのような背景から、食品メーカーが“食物アレルギー対策食品”の開発に力を入れるようになりました。

現在は、ヒエ、キビ、ハトムギなどの穀類の他、「小麦以外の穀類をベースにしたパンや麺類、クッキー、せんべい」、「小麦、卵、乳製品不使用のヒレカツ」「牛・豚肉の代わりに馬肉を使ったハンバーグやグラタン」「主要なアレルゲンを除いた離乳食」などの食品が一般に販売されています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット サプリメント 趣味 愛犬 リンク集