「ワイン」種類 特徴 楽しみ方

「ワイン」のおいしい飲み方 楽しみ方!

ワインの豆知識!よりおいしく飲むワインの楽しみ方

【東京カレンダーショッピング】

ワインをおいしく飲んで楽しむ方法

日本人にもっとも親しまれているアルコールと言えばビールや発泡酒ですが、毎年ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日である11月第3木曜日になると盛り上がりを見せ、日本でもワインファンは増えて来ているのかと感じます。

 

実は日本は世界のボージョレ・ヌーヴォー総輸出本数の約半数を輸入しているという、世界最大のボージョレ・ヌーヴォー輸入国だそうです。

 

ワインと一言に言っても数え切れないほどの種類があり、すべてを飲み比べて自分に合ったものを探すのはとても困難です。

 

「ワインは奥が深くて難しい」と敬遠してしまう前に、簡単なところからワインの知識を増やしワインの楽しみ方を広げてみてはどうでしょう。

 

簡単なワインの知識のご紹介。参考にしてみて頂ければ幸いです。

 

【PR】
【東京カレンダーショッピング】
⇒ 400種類以上の価値あるワインを厳選
東京カレンダーショッピング


「ワイン」のおいしい飲み方 楽しみ方!記事一覧

製法によるワインの分類

日本人にもっとも親しまれているアルコールと言えば、ビールや発泡酒ですが、毎年ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日である11月第3木曜日になると盛り上がりを見せ、わが国日本でもワインファンは増えて来ているのかな、と感じます。実は日本は、世界のボージョレ・ヌーヴォー総輸出本数の約半数を輸入しているという、世界...

≫続きを読む

 

ワインの原料となる代表的なぶどうの品種

皆さん、ワインがぶどうからできていることはご存知だと思います。しかし、私たちが普段食用としているあのみずみずしくて甘いぶどうが、そのままワインの原料になるかというと、そうではありません。食べておいしいぶどうなら、きっとワインにしてもおいしいのだろう、と思われるのですが、実はワインに適したぶどうという...

≫続きを読む

 

ワインのラベルについて

ワインと聞くとおしゃれなイメージがありますが、ワインボトルに貼られたラベルのデザインもそのおしゃれ度を上げているひとつの要因かもしれません。ワインにあまり詳しくない人は、ワインを選ぶときにラベルのデザインが気に入ったものを選ぶ人が少なくありません。そのため、ラベルのデザインはワインの売り上げに大きく...

≫続きを読む

 

ワインの名前について

どんな商品でもそうですが、名前というのはその商品をどのように印象付けるかという大きな要因となります。ワインに関しても同じで、ワイン名にはそのワインを特徴付けるセールスポイントが現されていることが多いのです。ワインの名前の付け方として、おおまかに5つのパターンがあります。ここではワインの名前の付け方に...

≫続きを読む

 

ワインの値がつり上がる訳とは?

ワインには、私たちが気軽に手に取ることができる1本数百円のものから、なんと数十万円もするものまでピンキリです。これほどにまで値段の差が出るのがワインの特徴のひとつでもあるのですが、ではどうしてそのような差が出てくるのでしょうか?第一の理由として、良質のワインには手間がかけられるということがあります。...

≫続きを読む

 

最初に飲むならどんなワイン?選び方、より楽しむ方法

テレビ番組でワイン特集をやっていたり、身近な人からワインの話を聞いたり、とワインの世界に興味を持つきっかけはいろいろです。あるいは海外旅行のお土産にいただいたワインを開けてみたら、意外にもおいしくてワインにはまってしまった、という人もいると思います。さて、そんなワインの世界に足を踏み入れたばかりの人...

≫続きを読む

 

ワインの大敵とは?

ワインをいただくのであれば、よい状態でおいしく飲みたいものですよね。同じワインでも保存状態などで味や香りが変わってくるほどデリケートなので、ここではワインの大敵についていくつかお話したいと思います。まず高温は苦手です。ワインの保存に最適な温度は10?14度くらいで、温度が高いと熟成が早まり変質しやす...

≫続きを読む

 

ワインの家庭での保存場所ってどこが一番いいの?

良質のワインを、湿度や温度、遮光にこだわった保存状態のよいお店で購入したとします。しかし、家に持ち帰ってからの保存状態がよくなければ、せっかくの良質なワインもそのおいしさを楽しめなくなってしまいます。手頃なテーブルワインであれば、それほど保存に気を使うことはありませんが、ちょっと値の張る良いワインを...

≫続きを読む

 

ワインの適温って?

ワインをおいしくいただくための適温はご存知ですか?よく言われているのが「白ワインはキリッと冷やして、赤ワインは常温で」ですが、本当に赤ワインは常温が一番おいしく飲めるのでしょうか?実際、赤ワインをキリリと冷やして飲むと、タンニンの渋みを強く感じてしまいます。しかし、だからと言って温かい部屋に置いて常...

≫続きを読む

 

ワイングラスについて

あなたのご家庭には、ワイングラスを揃えてありますか?日頃からワインを飲むことのない場合でも、例えばゼリーなどのデザート用に使い、ちょっとしたサラダなどお料理の器として使うなど、ワイングラスの用途は意外とあるものです。ワイングラスの形にはいろいろなタイプのものがあり、それぞれのワインの特徴をよく引き出...

≫続きを読む

 

ワインのコルクについて

ワインに不慣れな私としては、ワインを開けるときにひねるタイプの金属キャップだとちょっとホッとしてしまうのですが、皆さんはどうですか?やはりコルクのキャップでないと、安っぽいイメージがあるのでしょうか。実際に、刻印の付いているコルク栓がしてあるワインは一般的に高級ワインと言えます。これは偽造ワインが出...

≫続きを読む

 

デカンタージュって何?

デカンタージュという言葉をご存知ですか?これは、ワインを別の容器(デキャンタと呼びます))に移し替える作業のことを言います。デカンタージュをする目的は大きく2つに分けられます。一つ目は、まだ若くてタンニンの渋みがあるワインを空気に触れさせてまろやかにするため。もう一つは長期熟成タイプのワインの底に溜...

≫続きを読む

 

ワインを何種類か飲むときは?

ワイン好きが、それぞれワインを持ち寄るパーティーやレストランでワインを何本か頼もうとした場合、どれから飲むのかちょっと気をつけておきたいことがあります。コース料理をいただくときも、さっぱりとした前菜から段々とコクのあるメインへ、最後には甘いデザートで締める、という順番があるように、ワインもそれぞれの...

≫続きを読む

 

ワイン選びの大きな要素ヴィンテージとは?

ジーンズを購入するときによくヴィンテージという言葉を聞きますが、ワイン選びにおいてもヴィンテージは大きな要素の一つとなります。ヴィンテージとは、そのワインの原料となっているぶどうが収穫された年のことです。ぶどうの出来の良し悪しは天候に大きく左右されるので、そのぶどうから造られるワインの味ももちろん影...

≫続きを読む

 

ワインを開ける道具、種類、選び方

ワインを開けるときに、気をつけてスクリューを回しているつもりでもまっすぐに入っていかなかったり、引き抜くときにコルクが割れたりして上手く開けられなかった経験のある人はいませんか?私はコルクをボロボロにしてボトルの中のワインに混ざってしまった経験があります。そのため、ワインに慣れないころはねじるタイプ...

≫続きを読む

 

ソムリエとは

ある女優さんがこの資格を取得したことで、さらに知名度が上がった「ソムリエ」。ソムリエはワインの専門家と捉えられていますが、実はレストランでの飲み物全般の管理をし、サービスを行なう人のことです。ヨーロッパではこのソムリエが古くから専門職として認められていますが、日本ではまだ歴史が浅く、新しい資格の一つ...

≫続きを読む

 

ワインと料理の相性について

「魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワイン」これは普段ワインを飲まない人でも知っている話でしょう。料理にワインを合わせるときは、そのメニューとワインとの相性を考えて選ぶようにすると、ワインが料理の味をより引き立てておいしく食事を楽しむことができます。昔から言われている「魚には白、肉には赤」という組み合...

≫続きを読む

 

和食に合わせるワインとは?

日本人にとって今、もっともポピュラーなアルコールと言えば、やはりビールでしょうか。でも和食に合うアルコールと言えば日本酒、ですよね。日本酒も料理との組み合わせがおいしくいただく大きなポイントとなります。そのような点で日本酒とワインは似ているかもしれません。ところで和食に日本酒が合うのはもちろんですが...

≫続きを読む

 

チーズにより合うワイン

ワインのおつまみ(という言い方はしないかもしれませんが)と言えば、やっぱりチーズでしょう。チーズとワインは、この上ないほどベストマッチな取り合わせなのです。なぜチーズとワインの相性がよいのか?それはその土地の気候や風土に合ったものが造られているという点で共通しているからかもしれません。ヨーロッパでは...

≫続きを読む

 

食後のワイン

食前酒に食欲を増進させる意味があるように、食後のお酒にも消化を促したり満腹感をやわらげたりする意味があります。食後に甘いデザートが欲しくなるように、甘口のワインを飲んで楽しい食事の余韻を楽しむのもよいものです。ワインを飲む順番として軽いものから重いもの、辛口から甘口へ、という原則があるとおり、食後の...

≫続きを読む

 

ワインの個性をあらわす要素とは?

ワインには数え切れないほどの種類があります。ワインは、多少の欠点もそのワインの個性として排除されることなく認められているからでしょう。個性豊かなあらゆる味のワインが世の中にはあふれ、それがワインの楽しみである反面、ワインは難しいとかややこしいと言われる理由にもなっています。この様々なワインの個性はど...

≫続きを読む

 

ワイン カベルネ・ソーヴィニヨン

ワインにはまるきっかけとなったのが、赤ワインの特徴をしっかり味わえるカベルネ・ソーヴィニヨンだ、という人が多いと聞きます。この品種の赤ワインはどっしりとした、いかにも赤ワインらしい味が魅力です。カベルネ・ソーヴィニヨンはフランスのボルドー地方の主要品種で、シャトー・マルゴーなどの最高級ワインの原料と...

≫続きを読む

 

ピノ・ノワールワインとは?

フランス・ボルドー地方の代表品種がカベルネ・ソーヴィニヨンであることは以前紹介しましたが、ここではブルゴーニュ地方の主要品種であるピノ・ノワールを紹介したいと思います。ピノ・ノワールは気まぐれな品種と言われ、栽培される土地を激しく選り好みします。よい土地で上手く育てることができれば、最高傑作とも言え...

≫続きを読む

 

白ワインを代表するシャルドネ

白ワインを代表するぶどうの品種と言えば、シャルドネです。フランスのブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方だけでなく、カリフォルニアやオーストラリアなど世界各国で栽培され人気の品種となっています。シャルドネの実は小粒で、黄緑色から琥珀色をしていますが、ワインになるとその色は無色から黄金色まで造り方によっ...

≫続きを読む

 

ドイツの白ワインの主要品種リースリング

ワインの国と言えばフランスが第一に思い浮かぶと思いますが、個人的に甘めで飲みやすいドイツワインも好きです。ドイツワインと言うとちょっと甘めの白ワイン、というイメージが強いのです。このワインのイメージは、リースリングというぶどうの品種によるものです。リースリングは主にドイツの白ワインの主要品種で、小粒...

≫続きを読む

 

甘いデザートワインの最高峰!貴腐ワインとは?

食事の後には甘いデザートが欲しくなるように、食後酒も甘口のワインがよく合います。そんな食後に、飲む甘いデザートワインの最高峰とも言われているのが貴腐ワインです。初めて貴腐ワインを飲んだのは、海外旅行先のワインショップで試飲をさせてもらった時です。小さなグラスに注がれた黄金色に輝くとろりとした甘いその...

≫続きを読む

 

甘いワインを造るために

甘口のワインを飲んだとき、初めてワインのおいしさに気付いたという女性は多いかもしれません。やはり、ワインやお酒全般に強くない人が飲みやすさを求めるのなら、多少甘めのものがよいでしょう。甘口のデザートワインの最高峰と言えば貴腐ワインですが、その他にもワインを甘くする手法や秘密はあります。ここでは、甘い...

≫続きを読む

 

ワインの香りも楽しみましょう!

ワイングラスを持ってクルクルとグラスを回した後、鼻を近づけてワインの香りを確認している姿を見ると、「あの人はワイン通なのだな」と感じてしまいます。よいワインというのは、香りもとても素晴らしいそうで、ワインに慣れた熟練者になってくると、ワインの香りをかいだだけでそのワインの原料となるぶどうの品種や熟成...

≫続きを読む

 

ワインの味のバランスについて

人間の舌は、物が触れる位置によって感じる味が違うことはご存知ですか?「そんなの知っている」という人が多いと思いますが、今一度確認のために、舌の先端で甘みを、側面では酸味を、舌の奥では苦味を感じます。そのため、ワインの複雑な味をくまなく感じるためには、舌の隅々までワインを行き渡らせて全体で味わうことが...

≫続きを読む

 

ワインを使ったカクテルの作り方、楽しみ方

基本的にワインはそのままを楽しむお酒ですが、時には気分を変えてワインを使ったカクテルなどでいつもと違った楽しみ方をしてみるのはどうでしょうか。仲間が集まるパーティーを華やかに盛り上げ、ちょっとお酒は苦手という友人にもおいしく飲んでもらえることでしょう。ここではワインを使って家庭でも簡単にできる、カク...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 健康 美容 ダイエット サプリメント 趣味 愛犬 リンク集